Parallelsにさくらに借りてるサーバーの環境を
取り込んだので、そのメモ。

環境
ホスト側 MacOS X 10.5.6 Paralells 4.0
ソース側 CentOS 5.2

手順
1.ソース側にParallels-transporter-agentをインストールする
 agentはParallelsのサイトからダウンロードする
 
2.ホスト側のMacからソース側のMacにSSHで接続する
 X11 forwardingを許可した状態で接続する
 ssh -[X|Y] host名

3.ソース側でparallels-transporter-agentを起動する
 parallels-transporter-agentを実行する
 ホスト側のMacにParallels Transporter Agentのウィンドウが表示される
ピクチャ 3


4.ホスト側でParallels-transporterを起動する
 移行モードを高速
 移行元の種類をリモートの物理コンピューター
 接続タイプをネットワーク
 ソースコンピューターのIPアドレス
 以上を入力してMigrationを開始する

 Migrationが完了すると、”ソース側マシンのIPアドレス.hdd”というファイルが
 Parallelsの仮想マシンを保存してるフォルダのMigrationフォルダにできている。

5.仮想マシンを新規作成する。
 CD/DVDイメージは指定しない
 種類はLinux、バージョンはCentOS
 仮想マシンの種類は標準
 名前と場所は適当に指定
 以上で、作成をクリックして完了する

 仮想マシンの構成のハードウェア>ハードディスク1を開く
 イメージファイルの選択で、先ほどMigrationした際に作成した
 ソース側マシンのIPアドレス.hddを指定する

6.作成した仮想マシンを起動する